名もなきトリマーの名古屋ペットサロンBLOG

犬に優しい小さなトリミングサロンをつくるまでの徒然

トリマーが選ぶオススメのスリッカーブラシ&ピンブラシ

f:id:melotoko:20160925152138j:plain

スリッカーブラシを選ぶ時は何を基準に選んでいますか?スリッカーを販売しているメーカーは沢山ありますよね。職業柄いろいろなスリッカーを試してきましたが、ホームセンターで売っているようなメーカーまで含めると一体何種類あるんだろうと。

  • ローレンス
  • マイスター
  • キンペックス
  • ショーテック
  • 岡野製作所
  • ドギーマン
  • プラッシュパピー
  • ペッツルート
  • ペティオ
  • ナンバーワンオールシステムズ
  • ケイプロペット
  • DELE

などなど

今回は自宅でブラッシングをする時にのスリッカー選びで悩んでいる方のために、選ぶ時のポイントやオススメのものをまとめてみました。

トリマーがよく使うスリッカーはローレンス

ローレンスはペット先進国イギリスで創業200年を超える老舗メーカーで、スリッカーといえばローレンスというぐらい有名でペットサロンからショードッグまで多くのトリマーが使っているスリッカーです。

僕もローレンスをずっと使っていました。ラバーのクッション性が高く、ピンが柔らかいので毛や肌を傷めにくいのが魅力です。持ち手部分も静電気対策で木製になってます。

スリッカーをまったく使った事がないという人や、良いスリッカーを使った事がないという人はまずローレンスを使ってみることをオススメします。失敗はない定番スリッカーですよ。

ローレンス ソフトスリッカー M

ローレンス ソフトスリッカー M

 
ローレンス ソフトスリッカー S

ローレンス ソフトスリッカー S

 

トリマーならみんな一度は使ったことがあるローレンス。

サイズはMかS、ソフトタイプがオススメ

スリッカーのサイズはメーカにもよりますがSS→S→M→Lと分類されていることが多いです。スタンダードプードルのような大型犬でない限りM,Sサイズのような小さめが使いやすいですね。

Lサイズはでかい!

f:id:melotoko:20160925154840j:plain

クリス クリステンセン のスリッカーブラシ マークⅢ。Mediumサイズですが一般的なスリッカーでいえばLサイズ。クリステンセンは見た目も使い心地も◎ですが、お値段が...

f:id:melotoko:20160925162527j:plain

最近購入してみたSHOW TECHのスリッカーブラシ。左がソフトで右がハード。一般的なMサイズより若干大きいです。

スリッカー レギュラー

スリッカー レギュラー

 

SHOW TECHはソフト、レギュラー、ハードの3種類ありますが、ソフトとハードの2つはピンが長めです。ローレンスほどピンが密集していないので、毛の引っかかりがすくなく優しくブラッシングできます。ブラッシングが苦手な子におすすめ。

持ち手はプラスチックですが、その分非常に軽く出来ていて、使いやすいスリッカーですね~。一回り小さいサイズも作ってほしい。

小さめの方が使いやすい

スリッカーは大きい方が何となくお得なような気がしますが、実際に使ってみると顔や足回りをブラッシングするには大きすぎたり、重くて取り回しが不便など、結局一回り小さいサイズがほしくなると思います。

やっぱり万能に使えるのはMサイズですね。

ピンの硬さはソフトを選んだ方が毛・肌を傷めにくい

ピンが硬いスリッカーといえば武蔵。

岡野 ONS スリッカーブラシ 武蔵 PRO ソフト S

岡野 ONS スリッカーブラシ 武蔵 PRO ソフト S

 

ブログを読んでいると名前を見かけることも多く人気があるスリッカーだと思います。武蔵はピンが密集していてソフトでも結構硬めのスリッカーです。頑丈でピンが強いのが魅力です。

ハードなスリッカーはもつれや毛玉を取る時に使うと時間短縮になるので、トリマーも毛玉取り用に一本は必ず持っていますが、個人的には普段のブラッシングにはオススメしずらいです。

というのも、柔らかいスリッカーを使っても毛は痛むものですが、さらにハードなスリッカーを使えば犬の毛が千切れたり、抜けやすくなります。慣れていないと皮膚も傷つけます。

もつれ取り専用にハードタイプを1本持っておいても良いと思いますが、普段使いはソフトタイプをおすすめします。犬の毛は人間よりも弱いので簡単に千切れちゃうんですよね。

まずはピンが柔らかいスリッカーを使ってみて、ピンがもう少し硬いほうがいいなと感じたらハードタイプを検討してみてはどうでしょうか?スリッカーは高価なものでもないので、余裕があれば最初からソフトとハードをセットで買ってしまってもいいかも。

お気に入りのスリッカー

ローレンスがペットサロンでもよく使われるスリッカーでオススメですが、個人的に持ち手だけがイマイチで、今はローレンスは持っていません。

f:id:melotoko:20160925170802j:plain

これは1ALL SYSTEMS(ナンバーワンオールシステムズ)のスリッカー。手が大きいので持ち手が長いほうが使いやすいんですよね。キンペックスのスーパープロスリッカーも同じような形だと思います。

キンペックス スーパープロ)スリッカー M

キンペックス スーパープロ)スリッカー M

 

ローレンスのような持ち手が一番よく見るタイプですが、もつ部分を少し長くした方が使いやすいと思うんですよね。

で、変わったタイプでお気に入りのスリッカーはというと左.クリス クリステンセン マークⅩ(タイニー超小型)と右. DELE (デリ) スリッカー ブラシ。

f:id:melotoko:20160925171446j:plain

クリス クリステンセンはFCIのような大きめのドッグショーへ行くと出店販売されてますねドッグズセンスでも通販で売っています。

f:id:melotoko:20160925172130j:plain

クリス クリステンセンのスリッカーはデザインだけでなくクッションとピンの作りの良さが抜群で、トイプードルをフワフワに仕上げるならコレです。ただし!値段も飛び抜けて高いです!5,000円前後します!!毛玉取りにはもったいないので、プードルをふわふわ仕上げにする時に使います。

これは一番小さいサイズで顔周りや足回り専用で使っています。

次はおもちゃのようなDELE (デリ) のスリッカー。

おもちゃっぽいのに、コレが意外にも使いやすいんです。まずピンが長い!

f:id:melotoko:20160925173115j:plain

クッション部分が盛り上がっていると思いますが、クッション性も高いです。そして一番気に入っている部分は持ち手の部分。

f:id:melotoko:20160925173342j:plain

持ち手がシリコンになっているので、どんな角度でも安定して使えます。

イマイチな部分は持ち手がシリコンで太めに作ってあるので、ずっしり重さを感じます。ローレンスMは55g、クリステンセンX-Smallは55g、DELEは85gです。

まとめ

スリッカーはピンが伸びたり、曲がってしまえば買い換えるしかない消耗品なので、値段も2000円以下で買えるものが使いやすいと思います。

最後に簡単にタイプ別におすすめスリッカーをまとめるとこんな感じ、ホームセンターで売っているピン先が丸くなっているものは使った事がないので除外しています。

タイプ別スリッカー選び

はじめてのスリッカー/プロが使っているものがほしい

・ローレンス、マイスター(ショートティスリッカー)、ドギーマン(フルーツ村)、プラッシュパピー

持ちやすいスリッカー

・ナンバーワンオールシステムズ、キンペックス、マイスター(ハイスリッカー)

ピンが長めのスリッカー

・SHOW TECH、ユニバーサルグランド、DELE

毛玉やもつれに負けない頑丈なスリッカー

・武蔵(岡野製作所)、ケイプロペット

最高級のスリッカー

・クリス クリステンセン

参考【イソラのInstagram】

 

スリッカーのサイズ感が分かるようにくっつけて並べてみました💬 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 上の真ん中の黒いのが1allsystemですが、ローレンスなど一般的なSサイズ(幅約90mm)になります。右上が人気の高いプラッシュパピー、その下がショーテックです。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ プラッシュパピーはクッション性が高くてソフトなので、愛用している方も多いと思いますが、ちょっと大きい💧プラッシュパピーの使用感に近いタイプで小さいサイズだと左上のクリステンセンになりますが、高い!! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ で、最近購入して試していて、ご家庭で使いやすそうだと思ったのは、ショーテック 両面スリッカー(Small)右下から2番目のスリッカーです。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ソフト&ハードの両面スリッカーなので、毛玉取りにも使えて便利!横幅もコンパクトなので細かい部分に使いやすいです。ただ、スリッカーを複数使い分けている方はハード面いらないーーと思うかもしれませんが 笑 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #左上から #chrischristensen #1allsystems #plushpuppy #showtech #activet #スリッカー #ブラシ #毛玉取り#トリマー #トリミングサロン #ドッグサロン #ペットサロン #isoladog #ワンコ #犬 #犬のいる暮らし #写真好き #犬バカ #ペット #a6500 #instadog

Dog Salon isolaさん(@isola_dog)がシェアした投稿 -

僕は普段のブラシングやシャンプー前はDELE、ナンバーワンオールシステムズで、ブローの時はクリス クリステンセンのX-Small(今回の写真には載っていません)とタイニー超小型を使っています

最近は『プラッシュパピー、フルーツ村、ケイプロペット、クリステンセン』の4つを主に使っています。

また、SHOW TECHはサイズの割にとても軽いので大型犬の時に使います。

スリッカーは使い方に慣れがいる道具ですが、とても便利な道具です。メーカー選びよりもまずは優しく正しく使うということが大切です!

カットした状態のフワフワ感を取り戻したい時はブラッシングだけでは難しいのですが、水を軽くスプレーしてドライヤーで乾かしながらスリッカーで伸ばすとフワフワになりますよ。

また、頭や身体の毛を長く伸ばしていきたいという場合はスリッカーよりもピンブラシの方がよいです。スリッカーだといくら優しく使っても毛が傷んだり切れてしまいます。毛を大事にしたいなという人はピンブラシも検討してみて下さいね。

ピンブラシは2つ使っていますが、1ALL SYSTEMSはピンの先端が丸く、ゴムパッドも柔らかいので使いやすいです。

f:id:melotoko:20160926131636j:plain

左がPSIのピンブラシで右が1ALL SYSTEMSのピンブラシ。

f:id:melotoko:20160926131648j:plain

1ALL SYSTEMSはデザインも使い心地もGOOD!

f:id:melotoko:20160926132023j:plain

では!

関連記事